雑記帳 コンピュータ
FC2ブログ

2010'12.12 (Sun)

Sony Readerを買ってみた

Share photos on twitter with Twitpic

一部でなんか話題になっているSony Readerを購入した。ヨドバシで予約。どこも値段はほぼ一律ですな。予約した時点(11/26)では黒がすでに予約完了になっていた。あっしは赤を購入。本当は青がほしかった。ネイビーブルーっぽいやつ。

Share photos on twitter with Twitpic
付属品はこんな感じ。本体にUSBケーブル、後は登録用のチラシなど。マニュアルは本体にプリインストール。確かにいいですな。しかし、ユーザー登録するのが面倒だ。本体のシリアル入力するだけでいいじゃんかねー。

Share photos on twitter with Twitpic
ちなみに、本体を開梱したら、メモステの保護カードが飛び出していたし。。。まあ、気にしてないけど。

で、早速充電&本体へのデータ転送。PCと接続中の場合には、本体に充電中の表示が出て一切操作不可になる。
Share photos on twitter with Twitpic


ちなみに、普通のUSBケーブルだと、よくあるUSB-Aタイプの出力をするアダプタから充電できない模様。
Share photos on twitter with Twitpic

W-ZERO3用の充電ケーブルなら使えました。私が確認したのは以前間違えて買っちゃったこのケーブル。
Share photos on twitter with Twitpic
2本買って、一本はXperiaで使えるように改造してます。
しかし、充電方法とか統一してほしい。。。同じ系列メーカーなのに。。。<XperiaとReader


PCに接続すると、ドライブが2つ見える(SETTINGとREADER)。SETTINGの中に転送用ソフトウエアのインストーラーが入っており、そいつをインストールする必要がある。(ただ、普通にファイルコピーだけでもいけるという話が。。。)ただ、あまり使えない。。。

で、以下のようなファイルを試してみた。
・漫画のPDFデータ(Jコミからダウンロードしたラブひなの高精細PDF)
・自炊したPDFデータ
・サンプルで入っていた電子書籍

個人的には液晶より見やすいし、目の疲れ方がぜんぜん違うので気に入っています。E-Ink特有のもの(ページめくり時に画面暗転)もありますけど、思ったほど気になりません。個人的な感想ですが。
それより軽いしので楽。無線通信機能入っていないけど、病院で看病がてらに使うには便利であります。

しかしながら、電子書籍のReader Storeは、あちこちで書かれているけど本当に品揃えが悪すぎる。。。
調べてみると、XMDF形式なら携帯向けでなければ使える模様。
ぐぐってみたら、こちらのサイトで使えるサイトをまとめてくださっています。すばらしい!

とりあえず、便利そうなソフトへのリンクを貼っておきます。
PDF マネージャー(要Acrobat。Readerじゃありません)
青空文庫をPDFに変換するツール(青P)
chainLP(連番の画像ファイルをまとめて電子書籍ファイルに変換)


とりあえず、本の読み方が変わりそうです。

テーマ : コンピュータ関連 - ジャンル : コンピュータ

21:23  |  コンピュータ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2010'08.12 (Thu)

[覚書]Windows 7 64bitでFTDIのチップを使う方法

先週の星祭で、久々に工作意欲が出てきたわけで、以前購入した秋月のTDS01Vで遊ぼうかと思ったら、私のVAIO TypeZのWindows7 64bit環境ではまともに動かんではないですか!

で、調べてみたら、、、
FTDIからダウンロードできるドライバ、ちゃんと署名ついてないのね。。。

で、オレオレ署名作ってやろうかと思ったがだめ。毎回F8起動なんてやってられるか!

ってことで、探して導入したのがこれ↓
Ready Driver Plus

勝手にテスト環境で起動してくれます。

ただ、起動時に勝手にメニューが操作していくので、初めのうちは違和感があるかも。。。

このとき、FTDIからダウンロードしてくるのはHWQL Certifiedのものが無難であります。

てか、署名つきで出してください>FTDI様。。。

テーマ : コンピュータ関連 - ジャンル : コンピュータ

00:46  |  コンピュータ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2010'05.09 (Sun)

DCF/Exifの仕様書

Exif/DCFの仕様が改定されたらしい。

ということで自分用メモ。
マルチピクチャフォーマット
Exif2.3仕様書
DCF2.0仕様書

昔はお金出さないと見れなかったような気がするんだけど。。。
11:38  |  コンピュータ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2010'02.19 (Fri)

chrominumos

chrominumosをソースからビルドしようとしたら、64bit版が必要なのね。。。

Androidもそうだけど、気がついたらビルド方法まで変わっちゃうのは困ったもんだ。。。
22:25  |  コンピュータ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2009'12.29 (Tue)

VAIO Type Z(Outlet品)にWindows7をインストール

さて、ソニスタでVAIO TypeZの型落ち品が安く出ていたので買ってみた。
液晶高解像度でその他スペックは最低でも、クーポンとかポイント使ってなるべく格安で。

で、Windows7無料アップグレード対象機種だったので頼んでみた。
最初2週間くらいかかるといわれていたけれど、1週間で届きました。
もうアップデート祭りはひと段落したのかな?

てなことで、さっそくアップデート。

注意点は以下の通り。
 ・HDDのリカバリ領域が存在していないとサプリメントディスクが動かない
 →どうも、サプリメントディスクは全機種共通で、リカバリ領域を見て何を入れるか決めているみたい。

 ・ハイブリッドグラフィックスには要注意
  単純にサプリメントディスクを実行しただけだとSTAMINA-SPEEDが切り替えられず。。。

てなことで、まっさらな状態での新規インストール方法の手順を簡単にメモ。

0.リカバリディスク作成
 アップグレードするとリカバリディスクが作成できなくなるので
必ず作って、できれば動作確認もしておくこと。

1.バックアップをとる
 とりあえずバックアップする必要があるものはバックアップしておく。
面倒なのはギガポとかそんなデータ。取説見てしっかりと。

2.Windows7のDVDから起動。
 DVDをドライブに入れ、再起動。
 起動直後に「何かキーを押すとDVDから起動するよん」的メッセージが英語で表示されるからキーを押して起動する。

3.インストール
 普通にインストール。
 注意点は「先走ってリカバリ領域を消さない」こと

4.サプリメントディスクの実行
 インストールが終わったらサプリメントディスク1を突っ込んで実行。
 終わるまでひたすら待つ。

5.BIOSをアップデートする。
 C:\Upgrade\BIOS\R4043M3以下にある、R4043M.exeを実行し、BIOSをアップデートする。
 →しないで先走ると青画面と仲良くなれます(W

6.その他必要なドライバをインストール
 Bluetoothやら、SATA RAIDドライバやらを必要に応じてアップグレードする。
 →取説参照

7.NVIDIAのグラフィックスドライバをインストール
 別途Webからダウンロードする必要がある。
ドライバ本体のダウンロード先
インストール前に実行するユーティリティ
 ・まずはスイッチをスタミナモードに設定する。
 ・設定したあとに、インストール前に実行するユーティリティを実行して余計なものをアンインストールしておく。
 ・その後ドライバ本体をインストールする。
 ・再起動する

でOKでした。ちなみにここまで来るのに4回程チャレンジ。。。
難しいよ、これ。。。


リカバリ領域やら、ソニー純正アプリはいらないのなら、以下のサイトを参考にすると最小限で環境構築が行えるかと思います。
VAIO Type ZにWindows7をクリーンインストール


ちなみにアップグレード後の観想は、確かに快適。
うっかりOfficeインストール時にIMEの設定をOffice2007付属のIME2007になってしまっていたのに気がつかず、かなりイライラしたのはご愛嬌。改めてATOKのすばらしさを見直したのでしたとさ。。。

テーマ : Windows 7 - ジャンル : コンピュータ

09:12  |  コンピュータ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT