雑記帳 2009年12月
FC2ブログ

2009'12.29 (Tue)

VAIO Type Z(Outlet品)にWindows7をインストール

さて、ソニスタでVAIO TypeZの型落ち品が安く出ていたので買ってみた。
液晶高解像度でその他スペックは最低でも、クーポンとかポイント使ってなるべく格安で。

で、Windows7無料アップグレード対象機種だったので頼んでみた。
最初2週間くらいかかるといわれていたけれど、1週間で届きました。
もうアップデート祭りはひと段落したのかな?

てなことで、さっそくアップデート。

注意点は以下の通り。
 ・HDDのリカバリ領域が存在していないとサプリメントディスクが動かない
 →どうも、サプリメントディスクは全機種共通で、リカバリ領域を見て何を入れるか決めているみたい。

 ・ハイブリッドグラフィックスには要注意
  単純にサプリメントディスクを実行しただけだとSTAMINA-SPEEDが切り替えられず。。。

てなことで、まっさらな状態での新規インストール方法の手順を簡単にメモ。

0.リカバリディスク作成
 アップグレードするとリカバリディスクが作成できなくなるので
必ず作って、できれば動作確認もしておくこと。

1.バックアップをとる
 とりあえずバックアップする必要があるものはバックアップしておく。
面倒なのはギガポとかそんなデータ。取説見てしっかりと。

2.Windows7のDVDから起動。
 DVDをドライブに入れ、再起動。
 起動直後に「何かキーを押すとDVDから起動するよん」的メッセージが英語で表示されるからキーを押して起動する。

3.インストール
 普通にインストール。
 注意点は「先走ってリカバリ領域を消さない」こと

4.サプリメントディスクの実行
 インストールが終わったらサプリメントディスク1を突っ込んで実行。
 終わるまでひたすら待つ。

5.BIOSをアップデートする。
 C:\Upgrade\BIOS\R4043M3以下にある、R4043M.exeを実行し、BIOSをアップデートする。
 →しないで先走ると青画面と仲良くなれます(W

6.その他必要なドライバをインストール
 Bluetoothやら、SATA RAIDドライバやらを必要に応じてアップグレードする。
 →取説参照

7.NVIDIAのグラフィックスドライバをインストール
 別途Webからダウンロードする必要がある。
ドライバ本体のダウンロード先
インストール前に実行するユーティリティ
 ・まずはスイッチをスタミナモードに設定する。
 ・設定したあとに、インストール前に実行するユーティリティを実行して余計なものをアンインストールしておく。
 ・その後ドライバ本体をインストールする。
 ・再起動する

でOKでした。ちなみにここまで来るのに4回程チャレンジ。。。
難しいよ、これ。。。


リカバリ領域やら、ソニー純正アプリはいらないのなら、以下のサイトを参考にすると最小限で環境構築が行えるかと思います。
VAIO Type ZにWindows7をクリーンインストール


ちなみにアップグレード後の観想は、確かに快適。
うっかりOfficeインストール時にIMEの設定をOffice2007付属のIME2007になってしまっていたのに気がつかず、かなりイライラしたのはご愛嬌。改めてATOKのすばらしさを見直したのでしたとさ。。。

テーマ : Windows 7 - ジャンル : コンピュータ

09:12  |  コンピュータ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |