雑記帳 2010年11月11日
FC2ブログ

2010'11.11 (Thu)

Ubuntu 10.04 64bitでのAndroid開発環境構築


久しぶりの更新です。

最近のAndroid SDKのmasterブランチは64bit環境でないと動かない、という話を聞いたので開発環境の再構築を行っているのでそのメモです。なぜ10.4かというとLTSだから。8.10でちょっと面倒な目にあったので。。。

Android Open Source ProjectのDownloadページ
sola_dolphon_1さんのブログ記事
を参考に構築していきます。

まず、ubuntu10.04の64bit版をInstall。今まではWindows7のVirtualBox上の仮想マシンでやっていたのですが、非常に遅いので別パーティションを作ってインストールします。
インストールが終わった後に必要なパッケージをインストールします。

まずはビルドに必要なパッケージ群をインストール。以下のコマンドを実行します。

$ sudo apt-get install git-core gnupg flex bison gperf build-essential zip curl zlib1g-dev gcc-multilib g++-multilib libc6-dev-i386 lib32ncurses5-dev ia32-libs x11proto-core-dev libx11-dev lib32readline5-dev lib32z-dev


この後にJAVA SDKをインストールします。JAVA SDKは5と6。で、以下のコマンドでインストールを実行。

$ sudo add-apt-repository "deb http://archive.canonical.com/ lucid partner"
$ sudo add-apt-repository "deb http://us.archive.ubuntu.com/ubuntu/ jaunty multiverse"
$ sudo add-apt-repository "deb http://us.archive.ubuntu.com/ubuntu/ jaunty-updates multiverse"
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install sun-java5-jdk
$ sudo apt-get install sun-java6-jdk



必要なパッケージを入れたら、以下のコマンドを実行してrepoをとってきます。


$ mkdir bin
$ echo $PATH
$ curl http://android.git.kernel.org/repo >~/bin/repo
$ chmod a+x ~/bin/repo



取得したら、パスを通しておくと便利。.bashrcとかに追加しときます。


export PATH=$PATH:~/bin


以上でビルド環境の準備はおしまいです。




テーマ : Linux - ジャンル : コンピュータ

23:37  |  Android  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |