雑記帳 Mac OS X(Tiger)でマイコン開発(PIC編その1)
FC2ブログ

2006'02.25 (Sat)

Mac OS X(Tiger)でマイコン開発(PIC編その1)

Macでマイコンの開発したい!
PICとH8でいいからさぁ。
そうすりゃWindowsすて!できるから。

ということで環境を整えてみる。

まずはアセンブラなどの環境から。
ここ(http://www.gnupic.org/)からいろいろ取ってこれる。

アセンブラはgputilsをダウンロード。
Mac OS X用バイナリパッケージは用意されていないので自分で
ソースコードからビルドする必要がある。

ソースコードを展開したら、そこで


./configure
make
sudo make install


と実行する。標準のインストール先は以下のようになる。


実行バイナリ:/usr/local/bin
ヘッダファイル:/usr/local/share/gputils/header
リンク用ファイル:/usr/local/share/gputils/lkr


あとはman用のファイルがインストールされる。
デフォルトのヘッダファイルのディレクトリは標準で/usr/local/share/gputils/header
にセットされる。
パスを通してインストールは終了。
環境変数のセットの仕方はこちらを参照。

コンパイルをしてみる。
とりあえず秋月通商の多目的タイマーのソースをコンパイルしてみる。


gpasm mpclk201.asm



何もエラーが出なければコンパイルは完了。正常にインストールされているはず。

書き込みは秋月のAKI-PICライターを使う。
Linux版の書き込みプログラムがhttp://members.jcom.home.ne.jp/pnms/akipic.htmlに有るのでそれを使う。

ダウンロードしたら展開し、makeを実行。


make; make install



インストールは/usr/local/binに行われる。こいつは固定なので必要に応じて
変更する。

シミュレータは何使おう??
gpsimhttp://www.dattalo.com/gnupic/gpsim.html
試しているというか、gtkをMacに入れなきゃ・・・


13:56  |  コンピュータ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

こんにちは~Yこばさん☆
Macで、組込み開発ですか。
できるんですね!Macでは、中々やっている人はいないですよね。(^^ゞ
自分も前の会社で、組込みやっていましたが、やはりWindowsやLinuxを使って開発していました。

さて、自分もMacに移行しようかなと思っていますが、NC4がIntel Macが対応できるのか心配です。5月にCapture NXが出るようですが、G4とG5と仕様が書いてあったので、Intel Macには対応していないように思えました。。。残念(>_<)
ま、G3のiMac持っているんですけど、iMac君、動作がゆっくりしています(;^_^A アセアセ
まほ | 2006年02月26日(日) 13:16 | URL | コメント編集

どーも、まほさん。
Intel MacではRosetta使って動くは動くみたいですよ。
ただし、G3の600MHz程度とか。。。
実用にはほど遠いですよね。

個人的には興味有るんですが、NC4とPhotoshop CS2が
何とかなってくれないと・・・移れません。
Yこば | 2006年02月26日(日) 23:38 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kobayuta.blog47.fc2.com/tb.php/19-82ab8bed

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |